本文へ移動

リハビリスタッフの部屋

★リハビリスタッフ直伝★『おうちでやってみよう!』

椅子に座ったままストレッチ!! 股関節編
2021-08-21

こんにちは理学療法士の水野です。

 

今回は椅子に座ったままできる股関節のストレッチを紹介していきたいと思います。

 

みなさん、普段椅子に座るときいつも同じ足の組み方をしていませんか?横座り(女の子座り)をするときいつも同じ方向に足を曲げていませんか?

同じ足の組み方を続けていると骨盤に歪みが生じ、血行不良や股関節の痛みを引き起こすきっかけとなってしまうことがあります。

股関節のストレッチには姿勢改善や血行改善など様々な効果が期待できるとされているので是非実践してみてください。

 

 

それではストレッチの紹介です。

 

  • お尻伸ばし

1.椅子に座りながら、右足を左太ももに乗せ、右足の膝部と内くるぶしのあたりを手で押さえます。

    

 

2.息を深く吐きながら、上体を前方に倒し10秒ほど伸ばしていきましょう。

 

3.反対の足も同様に行います。

 

  • もも上げ

1.椅子に座りながら、右膝を両手で持ち上体へ引き上げます。

(この時、背筋が丸まらないように意識しましょう。)

 


2.足を持ち上げたまま10秒ほどキープします。


 

3.反対の足も同様に行います。

 

  • 内もものストレッチ

1.椅子に浅く座った状態で足を大きく広げます。

     

2.上体を倒しながら前腕で内ももを外側へ押していきます

3.深呼吸を行いながら10秒ほど伸ばしていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

ストレッチを行っているときに左右で痛みや股関節の硬さに違いがある方は骨盤が歪んでいる恐れがあるため、普段から正しい姿勢を意識し定期的にストレッチを行っていきましょう。

事務仕事の合間やTVを観ながら簡単にできるストレッチなので是非実践してみてください♪♪

医療法人健英会
〒371-0852
群馬県前橋市総社町総社2628番地
TEL.027-212-1000
FAX.027-212-1781
TOPへ戻る